八王子周辺の不動産|room home(ルームホーム) 八王子店 > room home(ルームホーム) 八王子店のスタッフブログ記事一覧 > 耐震等級について

耐震等級について

カテゴリ:不動産の知識
こんにちは。
room home 八王子店の飯田です。

これから建てる家にどれだけの耐震性能を備えたいか。
今回は、その目安となる耐震等級についてご説明いたします。

耐震等級は1~3で表され、数字が大きいほど地震に耐える力が強くなります。
一般的に耐震等級が上がると、柱や梁・壁の量が増え、間取りに制約が出たり、
コストが上がる可能性もあります。

耐震等級1 現行の建築基準法をクリア
おおよそ震度6強~7に対しても倒壊・崩壊せず、
震度5に対しても損傷しない強度を持ちます。
現在の建築基準法を満たす一般的な住宅の耐震性能です。

耐震等級2 等級1の1.25倍
等級1で想定する1.25倍の地震でも倒壊・崩壊しない強度を持ちます。
学校や病院などが等級2とされています。
等級1よりも柱や梁が太く、耐力壁や接合金物の量が多いがプランニングへの影響は少ないです。

耐震等級3 等級1の1.5倍
等級1で想定する1.5倍の地震が起きても倒壊・崩壊しない強度を持ちます。
防災の拠点となる消防署や警察署が等級3されています。
最近では大手住宅メーカーなどでも耐震等級3を標準仕様をするケースが多くなってきています。


また、耐震等級2以上では火災保険料や住宅ローン金利などで、以下のような利点もあります。


ちなみに耐震等級3「相当」という表記をよく見かけますが、
これは耐震等級3に相当する性能はあるが、「住宅性能表示制度」による評価書は
取得していないということです。
評価書の取得には、第三者機関の審査を受けるなどで10~20万円程度の費用がかかるため、
性能を備えいていても取得しないケースも珍しく有りません。

地震リスクや費用など、総合的に判断して決めていく必要がありますので、
なかなか判断が難しい方はぜひroom home 八王子店へご相談ください(^^)♪


▽八王子の雑学が盛りだくさん♪

▽未公開物件多数掲載中♪

▽来店予約でアマギフ5,000円分プレゼント♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

株式会社YYKファースト room home八王子店

飯田 翔太 / Iida Shota

192-0082 東京都八王子市東町6-1本村ビル2

TEL042-649-9438 FAX042-649-9439

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 前へ|お客様の物件が無事完成いたしました!   記事一覧   ご成約のお客様のバイクガレージ!|次へ ≫

飯田 翔太 最新記事



飯田 翔太

八王子市・町田市は、とても住みやすい街です。それに伴い、戸建て・マンションなどの居住用に適した物件も数多くあります。 roomhome八王子店でも公開・未公開物件問わず、多くの物件を扱っております。その中に、きっと皆様が気に入る物件があるはずです。 お客様からのたくさんの「ありがとう」をもらえるように精一杯頑張ります!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る