八王子周辺の不動産|room home(ルームホーム) 八王子店 > room home(ルームホーム) 八王子店のスタッフブログ記事一覧 > 地盤調査について

地盤調査について

カテゴリ:不動産の知識
こんにちは。
room home 八王子店の飯田です。

建売りの住宅を購入する際にはあまり関わることは少ないですが、
家を建てる前には必要不可欠な地盤調査。
土地から注文住宅を建てる方は知っておいた方が良い部分のお話しです。
今回はそんな地盤調査の方法についてご紹介させていただきます。


もともと家が建っていた土地であれば地盤調査は必要ないと思われる方も多いかもしれませんが、
安心して家を建てるためには不可欠な調査となります。
戸建住宅の場合は簡易的な地盤調査を行い、軟弱の可能性ありと判定された場合は、
より詳しく地盤を調べる追加調査を実施することもあります。

調査の結果、地耐力が十分でないと判明した場合は地盤を補強する工事を行う必要があります。
改良工事の方法は軟弱の程度によって異なり、硬い地盤までの深さが遠いほど費用は高くなります。


◯主な地盤調査方法

スクリューウエイト貫入試験方法
鉄の棒を地面に突き刺し、重りと回転を加えながら土の硬さや締り具合を確認する。
深さ10m程度までの判定が可能。
費用は1棟で5~8万円程度のケースが多い。

調査の結果、地盤改良が必要となった場合には、以下のような方法で改善を行う。

◯主な地盤改良方法

表層改良工法
硬い地盤まで2m以内の場合。
弱い地盤の土にセメント系などの固化材を混ぜ、固めて安定層を形成する工法。
工期が1・2日で済み、比較的安価にできる。(30~50万円程度)

柱状改良工法
硬い地盤まで8m程度の場合。
弱い地盤の地中にセメントなどの固化材で柱状の杭をつくる工法。
費用は100万円前後。
他に砂利を柱状に押し固める工法もある。

鋼管杭工法
硬い地盤まで8m以上あるときや、セメントが固まりづらい地質の場合。
鋼管製の杭を硬い支持層まで打ち込む。
費用は柱状改良工法と同等だが、深くなるとコストが上がる。


いかがでしたでしょうか?
土地によっては、地盤改良だけで必要な費用が大きく変わることがあります。
土地は物件と違って、あまり気にするポイントは少ないと思われがちですが、
実は詳しくないと見落としてしまうような大きな問題点が潜んでいたりします。
ぜひトラブルのない土地探しはroom home 八王子店へご相談ください♪


▽八王子の雑学が盛りだくさん♪

▽未公開物件多数掲載中♪

▽来店予約でアマギフ5,000円分プレゼント♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

株式会社YYKファースト room home八王子店

飯田 翔太 / Iida Shota

192-0082 東京都八王子市東町6-1本村ビル2

TEL042-649-9438 FAX042-649-9439

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 前へ|住宅ローンで学んだこと   記事一覧   お客様の物件が無事完成いたしました!|次へ ≫

飯田 翔太 最新記事



飯田 翔太

八王子市・町田市は、とても住みやすい街です。それに伴い、戸建て・マンションなどの居住用に適した物件も数多くあります。 roomhome八王子店でも公開・未公開物件問わず、多くの物件を扱っております。その中に、きっと皆様が気に入る物件があるはずです。 お客様からのたくさんの「ありがとう」をもらえるように精一杯頑張ります!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る