八王子周辺の不動産|room home(ルームホーム) 八王子店 > room home(ルームホーム) 八王子店のスタッフブログ記事一覧 > マイナス金利 解除と 住宅ローンへの影響

マイナス金利 解除と 住宅ローンへの影響

カテゴリ:政策・税金関係
こんにちは。

不動産会社YYKファースト
ルームホームの峯村です。

本日は、最近ニュース等でよく見かける
「マイナス金利 解除」に関しましてご説明させていただきます。





マイナス金利の解除によって住宅ローンへの影響に言及いたします。

そもそも マイナス金利 解除とは
今までであれば各金融機関が日銀にお金を預ける際にマイナスの金利がかかっていました。
(お金を預けることによって逆に損をする。。。)
(政策金利-0.1%)
ちなみに、日銀に預けなければいいのですが、銀行間の取引は金額が大きく万が一銀行が潰れてしまった際のリスクが莫大かつ預けることが義務だったため預けなければいけなかったです。

そんなマイナス金利が解除されることによって各金融機関が日銀にお金を預けても損をしなくなったので、
各銀行に余裕が生まれます。
(今までは損をしていたのでそれを回収しようと各金融機関間の競争が激しかった)
(政策金利-0.1%→0.1%)

現在の変動金利を決める際に出てくる言葉は5つになります。
・政策金利 -0.1%→0.1%
・短期プライムレート 1.475%
・基準金利 2.457%
・優遇金利
・実行金利
(なかなか覚えづらく難しいです。)
分かりやすく式にしますと

実行金利=基準金利-優遇金利 になります。

政策金利と短期プライムレートは 基準金利を決める際に出てきます。
政策金利とは景気や物価の安定など金融政策上の目的を達成するために日本銀行が設定する短期金利。
短期プライムレートとは金融機関が融資する際に指標となる金利。政策金利を基に決められる。
基準金利(店頭金利) 短期プライムレート+1%

政策金利と短期プライムレートはセットのためマイナス金利解除によって短期プライムレートが上がると予想されています。

住宅ローンで考えると2つのリスクがあります。
①政策金利が上がる→短期プライムレートが上がる→基準金利が上がる
②優遇金利が下がる

①に関しましては、現在住宅ローンを借りている方にも関係があります。
大元の金利が上がるので金利が上がります。
②に関しましては、新規で住宅ローンを借りる方のみに関係があります。
(優遇金利は実行のタイミングのものが借入期間中変わらないため)

①に関しましては皆様に影響が出るため避けることができないリスクになります。

②に関しましては避けることができるリスクになります。
避ける方法は、優遇金利が高いこのタイミングで住宅ローンを借りることです。

優遇金利が下がる可能性が高い理由は、
マイナス金利が解除されることによって各金融機関が日銀にお金を預けても損をすることがなくなったので、各金融機関間の競争が緩和されるためです。
(無理してお金を貸さなくても良くなる)

分かりやすく実例(SBIネット銀行)を使うと
現在の実行金利(0.344%)=基準金利(2.475%)-優遇金利(2.131%)
いま住宅ローンを借りると0.344%の金利で借りることができます。
その理由は基準金利から優遇金利を引いているためです。
優遇金利をつける理由は、利益が少なくなっても借りてほしいからです。
競争が緩和されると利益を追求するため優遇金利が下がります。

優遇金利は変わらないため今借りると借入期間中2.131%の優遇金利ですが、2・3年後に借りる場合そのときに優遇金利になります。
優遇金利が下がった際の金額の違い(実例)
5,000万円の借入の場合
(優遇金利2.131%) 35年借入期間 ボーナスなし
月々:126,375円 利息分:3,077,543円

(優遇金利1.131%)35年借入期間 ボーナスなし
月々:149,300円 利息分:12,706,086円

もし2・3年後に優遇金利が2.131%から1.131%に変わった場合、
月々の支払額が22,925円 利息分が9,628,543円
変わってきます。

まとめ
政策金利が上がることによって基準金利が上がり住宅ローンの金利があがることは避けられません。
しかし、優遇金利は借入期間中変わらないため、優遇金利が低いうちに借り入れを行ったほうがリスクは少ないです。
金額も大きく変わるため、不動産購入を考えている方はぜひ今のうちの購入をおすすめいたします。

難しいので、勉強会も開催可能です。
ご興味がございましたらお声がけください。


☆他にも不動産の知識が盛り沢山↓↓

☆まずは物件探し↓↓

☆LINEでもお気軽にご相談ください↓↓
(弊社からの不要な案内・定期配信等は一切ございません)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 株式会社YYKファースト room home 八王子店

 峯村 和史/ MINEMURA KAZUSHI 

 〒192-0082 東京都八王子市東町6-1 本村ビル2

 Mobile:090-1736-6081 TEL: 042-649-9438 FAX: 042-649-9439

 Email: k-minemura@roomhome.jp

 URL: https://www.hachiouji-roomhome.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


≪ 前へ|東京都 太陽光・蓄電池の補助金   記事一覧   セットバックとは|次へ ≫

峯村 和史 最新記事



峯村 和史

八王子市・町田市は、とても住まいに適した環境だと思います! 八王子市・町田市は「住みやすい街ランキング」で常に上位を獲得しております!! roomhome八王子店は、八王子市・町田市で最もお客様に寄り添う不動産会社として、この住みやすい街を最大限に活かしたお住まいを必ず見つけてご案内させていただきます。 また、弊社には未公開物件も多々ありますので、ご相談・お問合せお待ちしております。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る